公衆アクセス網
自宅や会社などから回線業者又はISPの設備までのアクセス回線に関して、概要説明となります。
アナログ電話回線、モバイル通信サービス(いわゆる携帯)、ADSL、光回線サービス、ケーブルテレビ、等様々な回線があります。
また、離れた拠点間を接続したり、家庭と会社をテレワークのために接続したリ、あたかも同じ建物に居る様にするための様々な技術としてWANサービスも取り上げます。
質問などありましたら、お気軽にどうぞ。

アクセス回線

アナログ電話回線

固定電話回線を利用して通信を行うものです。固定電話回線はアナログであるため、パソコン等とのやり取りを行うためにデジタル信号へ変換するモデムが必要です。通信速度は56kbpsで低速なため、ほとんど利用されなくなっています。

モバイル通信サービス

1G、2G、PHS、3G、4G、5Gと規格化が進んできました。現在は4G-LTEが主流で、この規格に対応したスマートフォン等のモバイル端末で利用されています。通信速度も数十Kbps〜数十Mbps程度となり程々に高速です。また、現在普及してきている5Gの規格では、理論値で1Gbps程度の通信速度となりWi-Fiと同程度が実現されます。5Gでは比較的 低遅延な通信環境が提供されます。

ADSL

ADSLは、昔から存在するアナログ電話回線を拡張して利用するサービスです。範囲としては(家庭等の)電話機から電話局交換機までの回線間です。スプリッタと呼ばれる機器を用いてケーブルを次の様に分岐させます。音声用の低周波とデータ通信用の高周波を分離したり混合したりしています。「xDSL」と呼ばれるものの1つで、他にはVDSL、HDSL、SDSLなどがあり、ADSLはxDSLの中でもっとも普及している方式です。回線速度は、下りが1Mbps〜50Mbps、上りが256Kbps~2Mbps程度になります。現在は光回線等の普及によりシェアは小さくなっています。

光回線サービス

FTT〇=Fiber To The 〇〇〇といい、代表的なものに以下の3つがある。
FTTH(Home) :光回線が自宅(オフィス等)内まで繋がっています。次のような順で接続されています。[ISP・回線業者から来た光回線]-[ONU]-[ルータ]-[LAN(スイッチ-パソコン等)]へ接続します。ONUは光信号と電気信号を変換しています。以下の二つよりシェアは高いです。(1Gbps~)

FTTB(Building):光回線をマンションの共用部分にある MDF(主配線盤)というところにつなぎます、そこからはLANケーブルや電話回線などのメタルケーブルを利用して各部屋までつなぎます。(100Mbps~)

FTTN(Node) :多くのケーブルテレビ会社がFTTNを採用しており、途中までは光回線で、途中から同軸ケーブルを利用します。上記に比べると通信速度は遅くなるケースが多いです。(1Mbps~320Mbps)

ケーブルテレビ

ケーブルテレビ会社は放送に使われていない空いているチャネルをデータ通信専用に利用しインターネット接続サービスを提供している。下りは10Mbps~300Mbps程度で、上りが128kbps~5Mbps等遅い場合が多い。
(ケーブルテレビとは、電波の代わりにケーブルを使ってテレビ放送を行う会社。電波受信状況の悪い場所や、アンテナ設置し辛い建物でもケーブルテレビなら受信できる。また、地上波放送以外にも様々な番組がある。)

様々な公衆アクセス網のサービス

専用回線サービスと交換回線サービス

拠点回線帯域保証運用コストインタフェース値段
専用回線2拠点占有高い接続先ごと定額制で距離と帯域に応じる
交換回線パケット交換複数拠点共有×安い共有定額制で帯域に応じる
回線交換省略占有安い省略重量課金
セキュリティ接続性信頼性サービス
専用回線常時デジタル専用線
交換回線パケット交換低~中常時フレームリレー、IP-VPN、広域イーサネット、ATM、X.25
回線交換毎回呼出中~高公衆電話網、ISDN BRI、ISDN PRI

電話網から発展したWANの物理回線速度

種別回線速度多重度採用国
0次郡(DS0)64Kbps基本レート共通
1次郡T11.544MbpsDS0×24ch北米等
E12.048MbpsD00×32ch欧州等
3次郡T344.736MbpsT1×28本北米等
E334.368MbpsE1×16本欧州等

パケット交換方式のサービス

名称説明
フレームリレーX.25を簡略化したもので、VPNが登場する前は複数拠点をつなぐメジャーなWANサービスだった。
IP-VPN現在最もメジャーなWANサービスで、暗号化を用いてセキュリティを確保している
広域イーサネットイーサネット回線でレイヤ2での中継処理を行うため、企業内のLAN用機器がそのまま使えるなどのメリットがある
ATM固定長セルを特徴とするネットワークで、イーサネットよりも高速な通信を実現する
X.25OSI参照モデルよりも古くから存在する、パケット交換方式
名称処理階層回線速度
X.25ネットワーク層公衆データ網専用遅い
ATMデータリンク層ATM網専用速い
広域イーサネットデータリンク層事業者イーサネット網一般回線一般的
IP-VPNネットワーク層VPN網一般回線一般的
X.25データリンク層フレームリレー網専用64kbps~1.5Mbps

WANへの接続

名称説明
DTELAN内のルータやPCなど
DCE通信事業者から提供されるモデムやONUなど
CPE宅内に設置される、データ端末や回線終端装置などを総称して
分界点電気通信事業者とユーザの責任範囲を分離する
ローカルループ(アクセス回線)ユーザの家からCOまでの回線
CO(Central Office)プロバイダや電気通信事業者等の施設で、家や会社からの回線の行き先