ciscopracticevlan
Cisco機器の操作練習をするための、練習課題になります。
1つ目に(イ)IPアドレッシングに取り組んでください。
2つ目に(ロ)VLAN設定に取り組んでください。

(イ)IPアドレッシング

以下 各題材の xxx 部分を埋める形で、VLAN IDとIPアドレスを割り振ってください。

例題

vlan1

ここをクリックして記載例を表示してみてください。

(答え)
vlan1_ip

 
Cisco Packt Tracer用のPKTファイル:vlan1.pktをダウンロード

(ロ)VLAN設定

以下 各題材を 実機もしくはPacket Tracer等を利用して、VLANを設定してください。また、各ルートに対してping等を用いて疎通確認をしてください。
※(イ)IPアドレッシングで作った成果物をご利用いただけます。(イ)をスキップした場合は以下をご利用ください。

例題

右記をクリックして、【IOS】VLAN のページをご覧ください。
 
[設定前]Cisco Packt Tracer用のPKTファイル:vlan1_ip.pktをダウンロード
[設定後]Cisco Packt Tracer用のPKTファイル:vlan1_ans.pktをダウンロード

設定例

SW1

enable
configure terminal
 
vlan 10
name GROUP10
exit
vlan 20
name GROUP20
exit
 
interface fastethernet 0/1
switchport mode access
switchport access vlan 10
exit
interface fastethernet 0/2
switchport mode access
switchport access vlan 20
exit
 
interface fastethernet 0/24
switchport trunk encapsulation dot1q ※Catalyst 2960には無い。
switchport mode trunk
switchport trunk allowed vlan 10,20
exit
 
end

SW2

enable
configure terminal
 
vlan 10
name GROUP10
exit
vlan 20
name GROUP20
exit
 
interface fastethernet 0/1
switchport mode access
switchport access vlan 10
exit
interface fastethernet 0/2
switchport mode access
switchport access vlan 20
exit
 
interface fastethernet 0/24
switchport trunk encapsulation dot1q ※Catalyst 2960には無い。
switchport mode trunk
switchport trunk allowed vlan 10,20
exit
 
end

SW3

enable
configure terminal
 
vlan 10
name GROUP10
vlan 20
name GROUP20
exit
 
interface range fastethernet 0/1-2
switchport trunk encapsulation dot1q ※Catalyst 2960には無い。
switchport mode trunk
switchport trunk allowed vlan 10,20
exit
 
end

通信確認の例

PC-A

ping 192.168.10.12

PC-2

ping 192.168.20.21

 
[pro]